韓国 まだまだオモロイでぇ

湯ったり 韓国ライフ

TOPRSS
トップ未分類
 次のページ

▼スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼セッション保存時間が切れました

最近、ブログの更新が滞っていました。というのは、ブログの管理にちょっとした問題があったからです。

まあ、トラブルといっても、実は自分が設定を間違えていたからなんですが、もしかしたら同じようなことでブログの更新ができない人がいるかもしれないので、書いてみます。

このブログは、FC2ブログを利用させてもらっています。無料だし、使いやすいし気に入っているのですが、しばらく前から更新しようと管理画面に入ると、こんなメッセージがでて、再度IDとパスワードの入力を求められるんです。

「セッション保存時間が切れました」


たしかに、ログインした後、長い時間そのままにしておくと、セキュリティの関係でもう一度ログオンするのはわかりますが、ログオンしてすぐでも、最初の管理画面から新しい記事を書こうと、クリックすると、最初のID入力画面に飛ばされます。

最初のうちは、FC2のサーバーか何かのトラブルだと思ったんですが、それにしては長く続くし、なによりも、他のFC2ユーザーは問題なく新しい記事を書いているのです。

そこで、これはどうも自分のパソコン側に問題があるとやっと気づき(もっと早く気づけ)、いろいろ検索したところ、どうやらセキュリティの設定の問題らしいと考え、セキュリティの設定を変えたところ、無事に使えるようになりました。

というわけで、しばらく書けなかった時事ネタをバックデートして書く予定ですので、暇があったら見てやってください。

ちなみに、どの項目をどういじったら直ったかということは、聞かないでくださいね。(←ということは、同じ状況で苦しんでいる人の参考には、全くなりませんね。ごめんなさい <(_ _)> )
スポンサーサイト

▼韓国のお年玉、いくらもらえる?

日本では旧正月というと、ある日突然ニュースで流れてくる、横浜や神戸の中華街で行われる、カラフルな獅子舞の姿を見て、「ああ、そうなのか」と思うくらいですが、韓国では今でも旧正月がメインのお休みです。

その証拠に、新暦のお正月は1月1日だけがお休みなのに対して、旧暦の場合は、前後合わせて3日間の休みとなります。

お正月といえば、最近日本では凧揚げとかこま回しといった遊びは、まだしているのでしょうかね。昔と比べて少なくなったかもしれませんね。

でも、お年玉の風習は根強く残っていますから、子供たちにとってお正月というのは、お年玉で懐が暖かくなるうれしい日であることに違い有りません。

韓国でもお年玉の風習はあって、セベッ トンと呼ばれています。セベッというのは、お正月に子供が両親にするあいさつで、子供たちはセベッをした後、お年玉を手にすることになります。

日本では、ただ単にちょうだいと手を出すだけでしょうから、韓国のほうが与え甲斐があるかもしれません。

さて、このセベットンの金額ですが、どのくらい出すのでしょうか。

日本では、小学校で3~4千円、中学校で6~7千円、高校生で9千円くらいが平均金額だと聞いたことがありました。

生徒さんに聞いたところ、小、中学生くらいで1~3万ウォン、高校生くらいになると5万ウォンくらいというのが、一番多い答えでした。

なかには、自分の子供に10万ウォンあげると答えた生徒さんもいました
が、これは平均よりはかなり多いと思います。

また、ある高校生が、全部で20万ウォンもらったと言っていましたから、物価の差を考えると、結構もらっているんだなあ、と思います。

幸いというかなんというか、私は旧正月の間、家でずっとこもっていましたので、今年のセベットンの支出はゼロでした。(^^ゞ

▼阪神大震災、11年目

今日、1月17日は、阪神大震災からちょうど11年たった日です。関西を生活圏にしていた私は、家が壊れて避難所で生活していた友人や、震災のときの怪我が原因で職を失ってしまった友人が何人かいます。

地震の後も、友人が避難していた避難所の掃除や食事の配給など、泊り込みでお手伝いをしに行きました。

明け方の余震で、びっくりして飛び起きた不安な朝のことを、今でもよく覚えています。

韓国では地震がほとんど、というより全然無いんですが、台風や大雪などの自然災害は日本と同じようにあります。

そのような人を助けるための助け合いの運動なども、時々、町やテレビなどで見かけますが、普段は自分が外国人だということもあって、それほど関心が高くありません

でも、11年前のことを思い出して、これからはこういう活動にも、もうちょっと目を向けたいと思います。

最後になりましたが、あの震災でなくなられた方のご冥福をお祈りします。

▼ちょっと良い話

韓国の人が日本人より盛大に誕生日を祝うというのはこの間お話しをしましたが、今日ちょっと心温まるような良い話がありました。

それはいつも行く喫茶店で本を読んでいた時のことです。

いきなり、男性二人連れの客の一人が立ち上がって「皆さんちょっと聞いてください」と大きな声で話はじめたのです。

こういう声を地下鉄で聞くことはよくあります。大体の場合は何かを売る物売りの声ですが。

喫茶店でも物売りの人がいるのかなと思って見ていると、この男性は続けてこう言いました。


「実はこの横にいるのは私の幼いころの友達で、今度軍隊に行くので久しぶりに会うことになって、こうして会いにやって来ました」

ふんふん、まあよくありそうな話だな。それで。

「実は今日が彼の誕生日なのでこうしてケーキを買ったんですが、二人ではとても食べきれません」

見ると、普通の大きさのケーキがひとつ、しかもバタークリームケーキです。確かに、二人で食べたら胸やけで大変でしょうね。で、それで?


韓国のバタークリームについてもっと知りたい人は、kankokunokurasiさんのこのブログをクリック
▼続きを読む

▼このブログについて

今回はこのブログ内にある情報の鮮度や信頼性についてのお話をしたいと思います。

まずは、記載内容に対する免責内容です。
次に、記載内容と実際の内容の相違があった場合、
ここに記載されていないチムジルバンの調査リクエストの受付け、
男湯と女湯の違いに関して、などです。

それではこちらから
▼続きを読む
 次のページ
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。