FC2ブログ
韓国 まだまだオモロイでぇ

湯ったり 韓国ライフ

TOPRSS
トップ2005年09月
 

▼スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼こっ、こんなところに犬のウ○コがぁ!

韓国にこられたかたは気がついたかもしれませんが、韓国の人たちは犬がとっても好きです。なんといってもおいしいですから。イヤイヤ、食べるほうの話ではなくて、ペットのほうの話です。

明洞や新村などの繁華街に行くと、時々道ばたで小さくってとってもかわいい子犬が売っています。値段はお店で買うのよりちょっと安そうですが、いつもこんな場所で売って、いったい誰が買うのだろうかと不思議に思います。

まさか、ちょっとほろ酔い気分になった彼女連れの男の子が、彼女にねだられて、「よし、じゃあ買ってあげよう」というパターンを狙っているんでしょうか。

また、犬に服を着せる人も多く、同じく繁華街などで犬に着せる小さな服や犬のおやつを売る屋台があちこちにあります。 
    

▼続きを読む
スポンサーサイト

▼清涼里 東山健康タウン 続報

以前の記事であまり良い評価を与えなかった東山健康タウンですが、今度の旅行で行きたいとおっしゃる方がいらっしゃったので、今回は位置をお知らせしたいと思います。

前回の記事はこちら 

前回の記事で評価が悪かったのは、私の好きなアイス房(氷の部屋)がなかったのと、フィットネス施設が別途、追加料金が必要だったためで、お風呂自体は広いし、あまりこんでいなくてゆったり出来ると思いますので、清涼里のお近くにこられる方はよろしかったら一度どうぞ。
それでは、東山健康タウンの場所をご案内します。



↑続きを見る前に、ちょっとこちらでブログランキングの確認を、是非お願いします_(_ _)_
▼続きを読む

▼韓国のたこ焼きはうまい!いや甘い!

先日、たこ焼きを食べ損ねた話を書きましたが、その後たこ焼きが食べたくて食べたくて、今日やっと食べに行ってきました。

私が行ったのは地下鉄1号線の鐘閣駅から、仁寺洞方面にあるたこ焼きやさんで、この辺には3軒から4軒の屋台があります。屋台ですから、毎日必ず営業しているというわけではなく、休んでいたり、ある日突然廃業していなくなってしまったりすることがよくあります。
ですので、このブログを読んでいってみて、営業してなかったとしても許してくださいね。
▼続きを読む

▼4500億ウォンの小切手偽造団、つかまる!

韓国と日本の為替レートは大雑把にいうと大体、10対1ぐらいです。もちろん変動相場ですから上下しますが、これぐらいと考えるとわかりやすいです。IMF直後は、一時14対1くらいにまで円高が進んで、旅行者だった私はちょっと得した気分を味わえましたが、ウォンで給料をもらっている今は、円高になると日本円に両替するのが憂鬱になってしまいます。

その韓国のお金ですが、硬貨が10、50、100、500ウォン。紙幣が千、5千、1万ウォンが使われています。一番高額の紙幣が1万ウォンですから、日本円に直すと千円ということになります。

いくら韓国は日用品や食べ物は日本より安いとはいえ、飛行機のチケットやパソコンなど、日本と変わらないものも多いので、1万ウォンで払うとなると紙幣の数が多くて大変ですよね。(10万円のパソコンを千円札、100枚で買うようなものです。)

こんな状況だったら、普段の生活にも不便で仕方がありません。ということで登場するのがスピョ(手票)という小切手です。 
▼続きを読む

▼たこ焼きなんて名前で呼ぶなあ!

いろいろな人がいろいろなブログで、韓国の人は民度が低いと書いています。私も、すべての人がそうだとは思いませんが、あきれるほど程度の低い人がいるのは事実です。この場合、程度が低いというのは、考え方が幼稚だということです。最近もそれを実感させられる、こんな出来事がありました。それは、チュソクの時、鐘路に遊びに行ったときのことです。

私は関西出身なので、たこ焼きやお好み焼きが大好きで、ときどき鐘路あたりにあるたこ焼きやさんに行くことがあります。何件か屋台が有って、その中でまあまあおいしいところを選んで時々食べることにしています。

その日も、鐘路にあるたこ焼きやさんに行くと、女の子のお客さん2人組と、その横にオッサンがいました。2人組とオッサンは他人でしたが、そのオッサンがお店の男の人に話しかけていました。

なんか様子がおかしいので、耳を済ませて聞いてみると、おじさんが店の人にこんなことを言っていました。

「おまえは、日本人か。何でこんなところで日本の食べモンを売っているんだ」
▼続きを読む

▼韓国人と百貨店 その2

前回、百貨店のお話をして、たくさんコメントをしていただきましたので、今回も百貨店のお話をしようと思います。 

わたしは、自分のものはあまり百貨店では買わないのですが(高いので)、贈り物をするときはやっぱり百貨店で買うことにしていますので、結構百貨店に足を運びます。

そこでふと気がついたんですが、韓国の百貨店は日本の百貨店に比べて、おまけ(景品)をよく付けるんじゃないかと思います。日本だったら、年末年始の大売出しのときくらいしか福引や景品をつけないような気がしますが、こちらはしょっちゅうやっているんです。 

見ているとみんな本当にうれしそうにレシートを握り締めてやってきますので、販売促進の面から見ると、かなり効果が高いようです。
▼続きを読む

▼韓国人と百貨店

前回、ユニクロに行ってきた話しをしたところ、韓国人と百貨店の関係についてご質問をいただきましたので、ちょっと詳しく書いてみたいと思います。

私が見たところ、韓国人の百貨店に対する信頼はかなり高いと思います。日本でも、昔は百貨店でお買い物をするというのがステータスになっていて、松坂屋や三越の包装紙を捨てずにとっておくおばちゃんとかがいましたが、それに近い感覚があると思います。

その理由は、もちろん百貨店のほうが品質の良いものをおいているということもありますが、それ以上に百貨店では商品の交換に気軽に応じてくれるからではないかと思います。

実際に、こっちの人は買った商品がちょっと気に入らなかったりすると、簡単に返品、交換をしに百貨店に行くのです。
▼続きを読む

▼ユニクロ、行ってきました。(永登浦店)

韓国では安い服はたくさん売っているのですが、意外と見つけにくいのが、安くて品質がいい服です。

多くの場合、安かろう悪かろうなので、買ってきた次の日にボタンが取れてしまったというのも、よくある話です。(単に私にいいものを見極める目がないだけ?)

そんなわけで、安くて品質も良いブランドとしておなじみのユニクロの韓国進出は、結構注目されているみたいで、あちらこちらのブログでも紹介されています。たとえば、ウリウリさんの 韓国ウリウリ日記や、カンクラさんのコリアンライフスタイルでは、体験レポートもアップされています。

ユニクロの韓国進出を心待ちにしていたソンセンニムとしては、これはいかねばなるまい、ということで行ってきました、ユニクロ ロッテ百貨店 永登浦店に。


おなじみのユニクロのマークですね。
▼続きを読む

▼梨泰院ランド 改装中。 注意!

今回は、いくつかのサイトやガイドブックにも載っている、梨泰院ランド(イテウォンランド)に行ってみることにしました。

が、ちょっと急な階段を上がってみると、なんかおかしい。

あれ、ドアに鍵がかかってなんか書いてあるぞ。定休日かなあ。それにしたら、なんか文章が長いなあ。ちょっと文章が長いから、辞書を引きながら読むのは面倒くさいなあ。

と思っていると後ろに人の気配が。振り向くと女の子二人がドアの文章を読みながら、困ったような顔をしていたので聞いてみると

9月3日から内部を改装するので休みます、とのこと。そうか、改装かあ。で、いつまでですかと聞くと、書いていない。

うーん、どういうことでしょうか。確かに、韓国ではいつまで工事をするか期限を決めずに行うことも多いと聞いたこともあります。

しかし、同時に内部改装中という張り紙をして、そのままフェードアウト(つまり、廃業)していったお店も、今までいくつか見てきました。もしかしたら、廃業するというのはプライドが許さないので、改装中ということにして、そのうちみんなが忘れるのを待っているんでしょうか。

もちろん、ここは本当に改装中なのかもしれませんが、いつまで改装中か書いていませんので、とりあえず梨泰院ランドに行こうと考えていた人は、しばらく控えておいたほうがよさそうです。

しばらくしたら、一度どうなったか確認しに行きますね。もしかしたら、工事終了予定が張り出されているかもしれませんので。

▼試験はワカメちゃんでした

日本語を教える立場としていつも悩むのが、正しく美しい日本語を教えたいという先生の立場と、実際に日本人が使っている表現を教えてほしいという生徒の要望を、どれだけバランスよく消化するかということです。

たとえば、お昼ご飯を食べようと友達に声をかける時、「お昼ごはんはどこに食べに行きましょうか?」とは言わずに「お昼、どこにする?」とか言いますよね。

私たち先生は、ちゃんとした日本語をまず覚えてほしいんですが、生徒は「お昼、どこにする?」というフレーズを教えてほしいと望むわけです。そこで、私たちは正しい日本語を教えつつ、生徒の要望もある程度満足させるように、工夫するわけです。

でも、最近の韓国で市販されている日本語の教科書を見ると、こりゃあ、ちょっとやりすぎだろう、というのが多くて、目を覆いたくなる状況です。
▼続きを読む

▼大型で強い台風、蝶々?

大型で強い台風14号が各地で被害を与えているそうですね。ここ、韓国でも釜山など、韓国の南部のほうでは道路の浸水などで被害を出しているそうです。

この台風の名前ですが、日本ではその年に発生した順番で番号で呼ばれていますが、韓国では名前で呼ばれています。

といっても韓国だけが勝手に呼んでいるわけではなく、北西太平洋地域の各国が加盟している台風委員会(日本他、14カ国が加盟)で決定した130個の名前を順番で付けているのです。

日本が付けた名前は天秤(てんびん座からの命名)、ヤギ(同ヤギ座)など星座から付けたもの、韓国が付けたものはノグリ(狸)、チャンミ(薔薇)など、動物や植物の名前が付けられています。 

どんな名前があるのか興味がある人は、気象庁のサイトで調べることができます。

今回の台風14号は韓国が付けたナビという名前で呼ばれます。ナビというのは蝶々のことですが、優雅な名前とは裏腹に恐ろしい威力で被害を拡大しています。早く熱帯低気圧に変わってくれればいいのですが。

▼今回はちょっと期待はずれ。東山健康タウン

このブログは、韓国で快適なチムジルバンを楽しんでもらうために、ソンセンニムが自ら体験したサウナばかりをご紹介しています。

今までご紹介したお店は、どれもソンセンニムが自信を持ってお勧めできる、わざわざ足を運ぶだけの価値があるお店ばかりでした。

ところが、今回ご紹介する清涼里にある東山健康タウンはちょっと期待はずれでしたので、近くまで立ち寄ったついでに行くならともかく、わざわざ足を運ぶほどのことはないと思います。

そんなお店ならわざわざここに載せなくても良いじゃないかと思われそうですが、実はこのお店、韓国を紹介しているいくつかのサイトやガイドブックでお勧めのお店として載っているお店でした。

ソンセンニムとしては、みなさんがガイドブックをみてわざわざ足を運んで、こんなものかと落胆するよりはと、あえてここに載せて辛口の評価を読んでもらいたいと思ったのです。

どこがどう良くないのかも書いていますので、参考にしてください。
▼続きを読む

▼本当はただの馬鹿なのか、東亜日報。「新型車レクサス昭和」とは?

日本のマスコミも信用できませんが、それに輪をかけてひどいのが韓国の新聞です。韓国の新聞の捏造記事に関しては以前お話しましたが、最近こんな風に感じるようになりました。

もしかしてただの馬鹿?

本当は捏造やミスリードではなく、単に記者が馬鹿なだけなのではないか、と思うようになりました。それはこんな記事を見たからです。
▼続きを読む
 
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。