FC2ブログ
韓国 まだまだオモロイでぇ

湯ったり 韓国ライフ

TOPRSS

▲スポンサーサイト

--/--/ (--) --:-- | 編集
トップスポンサー広告続報! ソウルエアショー 2005

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲続報! ソウルエアショー 2005

10/26/ (水) 12:54 | 編集
トップショーと展示会続報! ソウルエアショー 2005

さて、前回はソウルエアーショーに行って、いきなり、ジェット戦闘機の迫力ある飛行を見て度肝を抜かれたことをレポートしました。

私は以前、日本で一度エアショーというものにいったことがあります。それは、スカイレジャーショーという名称だったので、デモンストレーションフライトも、アクロバット飛行のほかは、ウルトラライトプレーンや、消防署のヘリコプターなど、実に平和的なものでした。なので、今回のソウルエアショーで見た戦闘機や戦闘ヘリなどの展示を見て、改めて韓国がまだ準戦時下にあるんだなあと、思い知らされました。
それでは、今回は室内展示場がどうなっているかについてレポートしてみましょう。
まず一番入場ゲートに近い屋内展示場の中には、KAI、Korea Aerospace industriesの展示があります。奥には、Rotem という会社の戦車が置いてあります。続いて中を見てみると、ほとんどすべての出展が、兵器のオンパレードです。

そうです。この2005ソウルエアショーというのは、正式名称を、「Korea aerospace & Defense Exhibition 2005」というのです。ですから、展示してあるのもほとんどが防衛用の兵器ということで、世界24カ国から大小あわせて25社が自社製品をアピールしているのです。10月18日から21日までの4日間はビジネスデーで、一般公開は22、23日の2日間ですから、メインは兵器の売り込みということになります。

一瞬「死の商人」という言葉が頭をよぎりましたが、考えてみれば軍事産業というものは、別に兵器に限らず、例えばコカコーラのようなものでも、軍に大量に納入されていたら軍事産業の一部なんですから、まあ、あまり固いことを考えずに、純粋に最新のテクノロジーの一端を垣間見せてもらおうと思って、いろいろ写真を撮ってきました。

面白かったのは、家族連れで見学に来ているお父さんです。ご存知のとおり、韓国は徴兵制を取っていますから、原則的に男性は全員軍隊に行きます。(一部例外もありますが) ですから、子供、特に男の子を連れたお父さんが、とても詳しく、ちょっと誇らしげに戦車や兵器について解説しているのが印象的でした。やっぱり、韓国は男は軍隊に行って一人前という考えがあるらしく、プライドも持っているようです。

ですので、韓国の男の人は酔うとすぐ、軍隊での苦労話をしたが有ります。自分が、いかに苦しい軍隊生活を耐えたかということを、言いたいらしいのです。

それでは、会場で撮影した展示物を一部ご紹介しましょう。
PICT0187.jpg
まずはKAIご自慢のK-50の模型です。
PICT0205.jpg
いきなり戦車が現れました。さすがに威圧感があります。
PICT0207.jpg
現代自動車のグループ会社のROTEMが作っているそうです。
PICT0175.jpg
うーん、どこからどう見ても兵器です。
PICT0185.jpg
大韓航空も出展していました。大型旅客機のエアバスA380の胴体の輪切り。でっかいですね。
PICT0192.jpg
今回のエアショーのマスコットのようです。名前はわかりませんが。

PICT0211.jpg
会場の出口には、「See You Again in 2007」という言葉とともに、次回の開催日程が、2007.10.16~10.21と表示されていました。


私は別にミリタリーマニアでもありませんし、軍国主義者でも有りませんから、これらの戦闘機や兵器を見ても、どれが何だか解説できるほど詳しくはありませんが、それでも最新の戦闘機を見ると、単純に格好良いなあと思います。それは、これらが純粋な目的のために作られて、一切の無駄や装飾を排した機能美が追求されているからだと思います。まあ、本当のことを言うと、映画や漫画の影響が大きいんだと思いますけど。

それから、日本では一部の人々が、日本は平和憲法があるので軍備を増強すべきではないという考えをしていますが、私はそれには賛成できません。ここで見たように、平和を維持するためにはやはりそれなりの努力とコストがかかるのだと思います。理想を唱えるだけで平和が保てるほど、甘くは無いと思います。

日本に関して言えば、防衛力、それも世界最強の防衛力を持つべきだと思います。どんな国が攻撃しようとしても、決して侵攻されることが無い、少なくとも相手がそう思うような防衛力を持つことが、平和を守る唯一の方法だと思います。

とはいえ、さっき書いたように私は決して軍国主義者ではなく、むしろ平和主義者ですから、このソウルエアショーで見た兵器や、日本の自衛隊の装備が、一度も実戦に投入されること無く、無事に退役の日を迎えることを願ってやみません。いろいろなことを考えさせられる一日でした。





スポンサーサイト
コメント
お久し振りです^^
エアショー、行きたかったです!!(><;)
来年は是非日程がわかったら教えて下さい!!真面目にお願い致します(^^;)

このエアショーの為だったのでしょうか・・
我が家のアパートの頭上や、子供の小学校の頭上を、物凄い音を出して飛行練習してたのを度々拝見しました。。
突然、戦争が始まったか!?・・ってのは冗談ですが、、そのくらい凄かったですね~。。
また遊びに来ます^^
2005/10/28(金) 17:20:09 * URL * アンニョン姫 #-[編集]
来年は無いんです。
アンニョン姫様。おはようございます。
残念ですが、ソウルエアショーは、来年は無いんです。2年に1回ということで、会場にも出口のゲートに大きく、「See You Again in 2007」と書いてありました。
また、その横の方に、「2007.10.16~10.21」と書いてありましたので、この日程で行われる予定のようです。ただし、韓国はよく予定が変わりますから、油断は出来ません。以前、ソウルモーターショーという大規模場なショーが直前にキャンセルになったことがありますし、小さなコンサートや催し物なども、よく直前に無くなったりしますからね。
というわけで、残念ですが再来年までお待ちください。
2005/10/29(土) 09:19:44 * URL * ソンセンニム #2Z5jlXfU[編集]
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ラジコン飛行機 タイヨー 戦闘機 零戦(ゼロ戦) 零式艦上戦闘機52型 使用電池 本体:8.4Vニッケル水素電池(2個同梱) 送信機:単3アルカリ電池×8(別売) 充電時間 約120分 バッテリーライフ 約3分 使用周波数 27MHz 商品寸法 600(L)710(W)150(H)mm・WarRock・金
 
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。