FC2ブログ
韓国 まだまだオモロイでぇ

湯ったり 韓国ライフ

TOPRSS

▲スポンサーサイト

--/--/ (--) --:-- | 編集
トップスポンサー広告阪神大震災、11年目

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲阪神大震災、11年目

01/17/ (火) 23:27 | 編集
トップ未分類阪神大震災、11年目

今日、1月17日は、阪神大震災からちょうど11年たった日です。関西を生活圏にしていた私は、家が壊れて避難所で生活していた友人や、震災のときの怪我が原因で職を失ってしまった友人が何人かいます。

地震の後も、友人が避難していた避難所の掃除や食事の配給など、泊り込みでお手伝いをしに行きました。

明け方の余震で、びっくりして飛び起きた不安な朝のことを、今でもよく覚えています。

韓国では地震がほとんど、というより全然無いんですが、台風や大雪などの自然災害は日本と同じようにあります。

そのような人を助けるための助け合いの運動なども、時々、町やテレビなどで見かけますが、普段は自分が外国人だということもあって、それほど関心が高くありません

でも、11年前のことを思い出して、これからはこういう活動にも、もうちょっと目を向けたいと思います。

最後になりましたが、あの震災でなくなられた方のご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
コメント
阪神大震災。
この、阪神大震災があった時、私は産まれて
1~2歳程でした。しかし、阪神大震災のことを親から口をすっぱくして言われることがあります。それは、その恐ろしさです。今は小学6年生で、母は、「ここは鳥取県だけど地震の揺れはここまで来ていて、ニュースで見ていたけど、阪神大震災では多くの人々が亡くなっていっての。そんな中で生きている私たちはとても幸せだと思ったの。だからあなたもそのことを幸せに思って一生を過ごしなさい。阪神大震災で亡くなった人たちの分まで健康に生きなさい。」母はそれを言ったら私をしばらく見つめて、そのまま買い物に行ってしまいました。
 今でもそのことについては、毎年のように言われています。そして言われるたびに私は、心に何かを誓います。
2006/01/20(金) 18:20:57 * URL * 本田 ゆかり #-[編集]
いつまでも忘れないでくださいね
本田ゆかりさん、はじめまして
コメントありがとうございます。阪神大震災のことは何も覚えていないでしょうけれども、このような大災害がいつ起きるか、誰にもわからないので、いつそうなってもいいように、心の準備を忘れないでください。
そして、もしもそんなことがおきたら、他の人と助け合う、優しい気持ちを持った人になってくださいね。
それにしても、優しいすばらしいお母さんですね。お母さんのいうことをよく聞いて、ゆかりさんもお母さんのようなすばらしい女性になってください。
2006/01/23(月) 08:23:32 * URL * ソンセンニム #2Z5jlXfU[編集]
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1月17日、加古川の夜間外来を終えた後、神戸市中央区にある東遊園地に行ってきました。東遊園地では、この日、「震災から11年、阪神淡路大震災1.17の集い」が行われました。集いは昼間に行われましたが、夜にも関わらず多くの人が訪れ、記帳をおこなっていました。
 
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。