FC2ブログ
韓国 まだまだオモロイでぇ

湯ったり 韓国ライフ

TOPRSS

▲スポンサーサイト

--/--/ (--) --:-- | 編集
トップスポンサー広告韓国のお年玉、いくらもらえる?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲韓国のお年玉、いくらもらえる?

01/29/ (日) 08:41 | 編集
トップ未分類韓国のお年玉、いくらもらえる?

日本では旧正月というと、ある日突然ニュースで流れてくる、横浜や神戸の中華街で行われる、カラフルな獅子舞の姿を見て、「ああ、そうなのか」と思うくらいですが、韓国では今でも旧正月がメインのお休みです。

その証拠に、新暦のお正月は1月1日だけがお休みなのに対して、旧暦の場合は、前後合わせて3日間の休みとなります。

お正月といえば、最近日本では凧揚げとかこま回しといった遊びは、まだしているのでしょうかね。昔と比べて少なくなったかもしれませんね。

でも、お年玉の風習は根強く残っていますから、子供たちにとってお正月というのは、お年玉で懐が暖かくなるうれしい日であることに違い有りません。

韓国でもお年玉の風習はあって、セベッ トンと呼ばれています。セベッというのは、お正月に子供が両親にするあいさつで、子供たちはセベッをした後、お年玉を手にすることになります。

日本では、ただ単にちょうだいと手を出すだけでしょうから、韓国のほうが与え甲斐があるかもしれません。

さて、このセベットンの金額ですが、どのくらい出すのでしょうか。

日本では、小学校で3~4千円、中学校で6~7千円、高校生で9千円くらいが平均金額だと聞いたことがありました。

生徒さんに聞いたところ、小、中学生くらいで1~3万ウォン、高校生くらいになると5万ウォンくらいというのが、一番多い答えでした。

なかには、自分の子供に10万ウォンあげると答えた生徒さんもいました
が、これは平均よりはかなり多いと思います。

また、ある高校生が、全部で20万ウォンもらったと言っていましたから、物価の差を考えると、結構もらっているんだなあ、と思います。

幸いというかなんというか、私は旧正月の間、家でずっとこもっていましたので、今年のセベットンの支出はゼロでした。(^^ゞ

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。